[本文はここから]

荒木芳邦の東京での作品を見る-2

2019.06.14

■東池袋中央公園を見る
次にサンシャインビルの直ぐ横にある東池袋中央公園に向かう。池袋は区長のお声掛かりの元、大規模な開発が進んでおり、すごい人出で街が活き活きとしている。さて、この中央公園は何気ない街区の一角にあるが、普通では見られない印象的な導入部を持った公園である。歩道の横に突然針葉樹(ラクウショウ)の列植が現れ度肝を抜かれる。それも5本ずつの高密度な間隔で、明らかに周辺とは違う空気が漂う。雑多な池袋の街に出現した異空間は、日本庭園や中国庭園の導入部とそっくりとも言える。ラクウショウは密度があるがさほど暑苦しくはなく清々しい。この少々暗い入口の先に明るい広場が見え、その先の滝が目に入って来る。今回は水が出ていなかったが、水を流せば光と音の素晴らしい劇場化された風景となる事が容易に想像できた。

滝石は台湾の奇岩で、天端を切り揃え水平ラインを強調して水をバランス良く落とす。脇の石組は丹波石を使い、どっしりとした重量感のある空間に納めている。自然石を使いながらシンプルでモダンな味わいを醸し出している手法は荒木の得意とする手法でいくつかの作品がある。

■垂直と水平デザイングのコンポジション
入口の垂直な樹木を通過して滝の前に佇むと「垂直と水平の構図」でこの空間を組み立てている事がよく分かる。西洋的な垂直性と日本的な水平性のコンポジションと見るか、都市のシンボルである垂直の力と穏やかな自然の水平な力、この両者の対比と融合と見るか、ワクワクしてくる。これは荒木の狙いなのか私の妄想なのか。滝を直接見るよりも、樹木を通した滝の景観のほうが遥にエキサイティングであった。

さらに広場は相方から下った少し低い位置にあり、落ち着き感が利用者を包んでくれる。さらに広場を低くした事と滝の水音の効果で周囲の騒音を消してしまうアイディアはランドスケープアーキテクトならではと言える。
丁度、滝水が止まっているのをいい事に、広場からは暗くてよく見えない滝の深部に上って行きディテールを見る。落水部の自然石の天端は工場で真平に加工しており、上からだと防水シートが見えるのも水の無いおかげか。滝の周囲に積まれた薄茶色の丹波石は四角形が多く、石組と石積みの中間的な手法だ。あまり綿密な仕事をしてなく少々荒っぽいのがかえって迫力を増し効果的に見える。

■新しい石組の提案
塀や生垣ゾーンで限定されていない公園で従来通りの日本庭園の石組ではデザインが成立しないと荒木は考えたのではなかろうか。なぜなら石組はほとんどの場合、縮景としての表情を持ち、凝縮した石の素材感はぴったりであった。逆に公園は利用者が活動して成り立つもので、1分の1スケール、つまり身体スケールの空間である。だから石組をそのまま用いると矮小化された装置となり、公園や都市のスケールにそぐわない状況になってしまう。

だから、最深部にある山形の石は石の上に重ねて置いて、日本の伝統的な工法を取り入れていない。荒木は従来の日本庭園の石組の手法から飛躍して新たな意匠を組み立てようとしたのではないだろうか。滝口の石や園路の石積も公園の空間に合わせた広がりのあるデザインとし、素材の選定と納まりを新しく考案したのだと私は思った。イサム・ノグチと共に作品を作った石匠、和泉正敏の作品にもその系譜、石組と石積の中間的表現を感じる事が出来るが、どこかで交流があったのであろうか。

階段上に落ちた滝は斜めになった表面をなめる様に流れ、滝が表現する動と静の世界がわかり易く伝わってくる。最後の落水は弧をシンプルに描いた垂直の滝となり、一段下がった小広場に落ちる。小広場は滝と大きい広場の間にあり、両方のカーブを付き合わせた形で、前後を見渡すと「水の空間」と「広場の空間」を小広場が結び付けている事がわかる。さらに見方を変えれば小広場は垂直と水平のデザインが交差した名状しがたい空間で、立ったままぐるりと一廻りしてみると何処かに連れ去られる様な不思議な気持ちにさせられる。そして奥に進むに従い狭くした滝は視線を奧に奧にと誘導し、公園全体を広く深く感じさせている。誠に秀れた景観のコントロールをこの公園に見る事ができた。

丁度、お昼時でサンシャインから流れ出た人達がお弁当やサンドイッチを食し、子供達の歓声も上がり、「ここは公園らしい公園だなぁ」とひとしきり感心し、辺りを見回すと住人らしき人が3~4人、これも都市問題のひとつである。

■エピローグ
今まで伊藤邦衛、小形研三など近代の造園デザインを牽引してきた作家を紹介してきたが、今回の荒木芳邦は現代のランドスケープに繋がるランドスケープアーキテクトとして忘れてはいけない人物だと強く思った。すでに失われてしまったが、三井物産本社ビルの矩形に曲がる長大なアプローチは建築に負けない強さを持ち、まるで能舞台の橋掛かりの様な凜とした風情であった。さらに通路に沿った小振りな滝はヒューマンなスケールを持ち、この奧からカルガモの親子が行進してお堀に行ったという微笑ましいエピソードもあった。

また大正海上火災本社ビルの中庭に置かれた清水久兵衛の真赤のオブジェを上手く活かしたランドスケープも見事なものだった。これらの作品は建築家、彫刻家とのコラボレーションを巧みにコントロールして出来たもので、大変上質なセンスが作品から現れている。NSビルの様にあまり条件のよくない案件でもなんとか辛抱強くこなし、年間20本以上の作品を生み出し続けた力は尋常では無い。この公園でも水平性と垂直性のデザイン言語を大胆に空間に取り入れ、さらに導入部に西洋の垂直性の意匠を用いながら、日本的な異界空間導入の技法を折り込み、見事な逆転劇を見せているなど、一筋縄にはいかない。

荒木は本当の意味で懐の深いプロフェッショナルであったのであろう。作品は関西方面が多いが、私も足を伸ばしてそれらを探訪したいと思っている。

戸田 芳樹

[ここからはカテゴリ内ナビゲーション]

NEWS

  • 株式会社 戸田芳樹風景計画
  • 〒151-0053 東京都渋谷区代々木1-36-1ミユキビル3F  Telephone:03-3320-8601 / Facsimile:03-3320-8610
  • COPYRIGHT © Yoshiki Toda Landscape & Architect Co.,Ltd. All Rights Reserved.