[本文はここから]

埼玉のマンション外構を見学する-1

2017.07.24

真夏の太陽がギラギラ照りつける7月中旬、マンションの外構を5事例見学した。建設から年数を経たマンションの新たな価値付けをランドスケープデザインで実現しようと計画している皆さまと一緒に見て回り、大いに参考となった。

最初の「プラウドシティ浦和」はマンションの外構としてはかなり広い円形の広場があり、中央が運動のスペース、周りにベンチ、パーゴラ、用具入れ等、機能的に充足していた。建物の中庭は地形の高低差を利用して、細かく曲がる園路や低い土留め石壁を設け、きめ細やかな植栽をしている。特に中・低木、地被に細心の注意をはらい、四季の変化を感じられるヒューマンスケールの落ち着いた空間が定着していた。

集会室の前面には三段に落ちる滝を設け、バックのみどりと共に爽やかな音のある空間を作り出している。建物の外側にも壁面緑化や石壁と植栽でリズミカルなシークエンスを作り、一般歩行者にも気持ちよいスペースを提供。また、まとまったスペースは遊び場として活用し、オブジェ的な遊具とそれを取り巻く半円形のベンチがユニークな景観を生み出している。

次の「OHANA 北戸田ガーデニア」は入口から玄関までのシークエンスがゆったりしていて柔らかくて美しい。広い幅員を感じさせないように色分けし、玄関への方向性を示す低い石積が効果的だ。玄関前にはシンボル樹を植栽し、低い石積を設け景観にアクセントを与えている。ここで使用されている石材の種類は共通で、各々のスペースに表出する事で全体の統一感が図られている。

中庭にはロビー越しに外側からも眺められ、充実した庭園空間が覗える。外部に接した空間は緑あふれる散策道とし、変化に富んだ園路と植栽で楽しませてくれる。ここは石壁の手前に石のスツールを置き、舗装と植栽と石壁がバランス良く設置され、気持ちの良い空間である。建物と道路の高低差を単純な擁壁や法面にせず、高低差を逆利用して美しいデザインを展開している。また舗装の中にケンケンが出来る飛石を埋め込む遊び心もあるが、舗装内に飛石的処理をしているのはアスプルンドが作ったストックフォルムの「森の教会」にあったような記憶がある。

戸田 芳樹

[ここからはカテゴリ内ナビゲーション]

NEWS

  • 株式会社 戸田芳樹風景計画
  • 〒151-0053 東京都渋谷区代々木1-36-1ミユキビル3F  Telephone:03-3320-8601 / Facsimile:03-3320-8610
  • COPYRIGHT © Yoshiki Toda Landscape & Architect Co.,Ltd. All Rights Reserved.