[本文はここから]

造園技能グランプリ静岡大会を審査して-1

2017.03.30

造園技能グランプリ静岡大会の審査に参加したが、今回で3回目。この様な催しは「毎回同じような作品が出来る」と思われている方がいたら、それは大きな間違いであると私は言っておきたい。参加した各チームはこのグランプリに合わせ綿密に戦略を立て、コンセプトシートの作成や作成プロセスまで、完成に向かって見事に計算して作品を作り上げた。造園の仕事は素朴にコツコツやり続ける日本的な職人の作業と考えていたが、過去に参加したグランプリの経験を活かし、テクニックは磨かれ表現が豊かになったことが作品と通して物語られている。

作られた庭園をしっかりと受け止めると、縮景をベースにした出身地のお国自慢や、等身大のスケールの中で自身の生き方や、家族愛を表現したテーマが多く見られる事が分かった。庭師は情緒的でロマンチックな心の持ち主だと今回も感じながら審査した。このグランプリの成果は作品そのものであるが、それ以上に制作に邁進する庭師の肉体の躍動が一番の見所だと感じた。前回のグランプリで庭師の皆さんを職人を超えた「アスリート群団」と表現したが、今回は職人二人の気の合った仕事ぶりを「アスリート舞踊団」と呼ぶことにした。私が勝手に命名しているだけなのだが、どこかでこのコピー使っていただきたいと願っている。他の技能では見られない庭師二人の協働の世界が美しく見られたからだ。静かな中に「あ・うん」の呼吸で作庭を進めていく様子は何度見ても飽きる事が無く、まるで古典芸能の様だとは言いすぎであろうか。

まず金賞から見てみたい。富山チームは「春のささやき」をテーマにお国自慢を展開。庭園の背後の竹垣には竹裏の白い部分を使い春が近い雪の立山を表現している堂々とした作品である。最後に設置した割竹の造形は春の訪れと共に吹く富山特有の「あいの風」を引き出した。コンセプトを空間にきっちりと表現したバランスの良い堅実な世界は金賞に相応しい作品となった。

戸田 芳樹

[ここからはカテゴリ内ナビゲーション]

NEWS

  • 株式会社 戸田芳樹風景計画
  • 〒151-0053 東京都渋谷区代々木1-36-1ミユキビル3F  Telephone:03-3320-8601 / Facsimile:03-3320-8610
  • COPYRIGHT © Yoshiki Toda Landscape & Architect Co.,Ltd. All Rights Reserved.