[本文はここから]

都市緑化よこはまフェアの開催 里山ガーデン

2017.03.22

第33回全国都市緑化よこはまフェア(2017年3月25日(土)~6月4日(日))建設の最終ラッシュを迎えた「里山ガーデン」を訪ねた。里山と名付ける程だから駅(JR・中山駅、相鉄線・鶴ヶ峰駅)よりバスにてアクセスする自然たっぷりの計画地。ズーラシアからだと歩いて10分程度で、辺りは林に囲まれ空気が美味しい。開催時にはズーラシアからシャトルバスが運行し、とても便利。正面入口広場には広報親善大使の三上真史さん監修の「ウェルカムガーデン」がお迎えし、総合案内所、ショップ等の利便施設や、パークトレイン(園内運行)の出発乗り場がある。園内は広く、散策コースは「お花を楽しむコース」「わんぱくきっずコース」「元気モリモリコース」等がお勧めである。

まず「お花を楽しむコース」を歩きながら他コースも寄り道してみた。入口広場を抜けると「森の空中散歩道」の空中デッキが現れる。これに沿って下って行くと竹林に囲まれた落ち着きのあるシークエンスを体験出来る。さらに進むと視界が急に開き「横浜の花で彩る大花壇」が目前に現れる。この「見晴らしのデッキ」からの眺めは圧倒的なパノラマ景観で周囲の緑地との一体感が素晴らしい。デッキからは斜面地の花壇を俯瞰する様に眺められ、花の観賞には大変効果的である。

次に「森の小径」を下って行くと「谷戸のカキツバタ園」に出会う。谷戸の地形を園にしたもので、自然の中での佇まいは美しい。上流部は「菜の花畑」となり、花期がずれて咲く数種の菜の花が見ものである。

「森の広場」を抜けると森を楽しむ「グランピングサイト」に到着。ここでは森の中のカフェやツリーテントなどのグランピング体験、自然を生かしたワークショップが体験出来る。森をゆったりと満喫したいものだ。

さらに上っていくと樹林をワイヤーで滑走する「フォレストアドベンチャーよこはま」と出会う。利用は有料だが一部は無料で森の空気を吸いながら、様々なアクティビティが体験でき子供達の夢の国だ。ここではプレイリーダーアシスタントの体制もしっかりと出来ており、安心して子供達を任せることが出来る。

そしてもう少し上ると正面入口広場に到着する。園内は広く見所満載なので時間の余裕を見ておきたい。さらに余裕があれば隣のズーラシアまで足を伸ばしてはいかがでしょうか。

戸田 芳樹

[ここからはカテゴリ内ナビゲーション]

NEWS

  • 株式会社 戸田芳樹風景計画
  • 〒151-0053 東京都渋谷区代々木1-36-1ミユキビル3F  Telephone:03-3320-8601 / Facsimile:03-3320-8610
  • COPYRIGHT © Yoshiki Toda Landscape & Architect Co.,Ltd. All Rights Reserved.