[本文はここから]

杭州の集合住宅が竣工しました

2015.08.01

中国杭州市で建設中だった集合住宅「広宇臨平PJ」が完了しました。
2011年6月から景観設計をスタートしたプロジェクトでしたが、2013年3月にはモデル区を完成しその後約2年をかけ本年4月に工事が終了し「鼎悦府」との名で竣工しました。

このプロジェクトは商業施設で住宅区を囲む中国では典型的な形態の集合住宅です。高さ100m級のモダンな高層住宅棟が林立する空間に対し我々が目指したのは安らぎや潤いのある住宅区と賑わいある商業区が互いに引き立て合うランドスケープでした。穏やかで自然な趣の住宅区の庭のデザインとモダンで統一感やリズム感ある商業区の街並みのデザインが対比し、互いの空間を顕在化することによって街区全体の付加価値を高めることでした。ランドスケープデザインには日本的な景観づくりのエッセンスを加え精緻さや精神性、品質性を感じさせることにしました。

住宅区では自然の趣や揺らぎを演出するため、シンメトリーな建物配置に対し光と風、水と人の揺らぎが建物の間に柔らかく貫入し奥行き感や重なり感、多彩な見え隠れをつくる深みのある景観づくりを目指しました。この揺らぎのある景観軸は南北に分かれた街区に一体感をもたらしました。そして住宅区の柔和で心地良い庭の魅力が外部に滲み出すことで街並み景観を豊かにすることが出来ました。

商業区では山水をモチーフにした植栽島や市松、縞模様をベースとした舗装を取り入れ、行き交う歩行者の動線リズムに揺らぎや佇みを誘うデザインとしました。硬質感ある商業空間は住宅空間の軟質感をより魅力的に引き立てるものとなり、歩道と段差の無い商業施設は街並みをスマートに演出しています。しかしこの歩道は間もなく車輌が乗り入れ駐車場と化してしまいます。このスマート感を今後も維持出来ないのがとても残念です。
※写真提供:広宇集団

吉澤 力

[ここからはカテゴリ内ナビゲーション]

NEWS

  • 株式会社 戸田芳樹風景計画
  • 〒151-0053 東京都渋谷区代々木1-36-1ミユキビル3F  Telephone:03-3320-8601 / Facsimile:03-3320-8610
  • COPYRIGHT © Yoshiki Toda Landscape & Architect Co.,Ltd. All Rights Reserved.