[本文はここから]

昭和大学江東豊洲病院に行ってきました

2015.05.05

竣工から1年経った昭和大学江東豊洲病院に行ってきました。

病院が所在する豊洲は、近年埋め立てられた新しい街で、都心への利便性の高さと水際の環境の良さから、豊洲駅を中心に街が急速に発展しています。

本計画は、地域性・環境性・快適性の確保と向上を目指して、地域に開かれた安全で安心な空間の中で、世代を超えた人々が豊かな環境を享受する病院づくりを目的としました。周辺景観と連動しつつ、新たな緑の拠点となるようボリュームのある植栽計画と、豊洲地域の魅力の一つである水辺空間へ気軽にアクセス出来る公園のような空間整備を行いました。

敷地の入口から庭に繋がる道を「木漏れ日テラス」として、個室のようなスケールで分節したテラスを並べたつくりとし、落葉樹に囲まれた爽やかな空間で一呼吸つける仕掛けづくりを行いました。

メインの広場「芝生広場」は、築山により変化を与え、こどもの遊びの場とすると共に緊急時に利用できるまとまりのある空間を確保しました。芝生広場に併設した「ハーブガーデン」は、ハーブガーデンの香りと周辺に植栽した柑橘系の香りで、視覚だけでは無く、嗅覚でも様々な変化を感じられる空間となっています。

西側に流れる東電堀の水辺空間への繋がりは、耐潮性のあるヤナギ・マテバシイ・タブノキ等を植栽し、外部からの視線を遮ると共に、園路沿いを彩る草花、宿根草類を潮から守り、境界際の植栽のボリュームを出すことで水辺空間の景観形成にも貢献しています。

入院患者だけで無く、こども連れや近隣住民とみられる方々が散歩の一環として利用している姿が見られました。誰でも自由に行き来出来る地域の庭のような空間になっていることに、これからの病院の可能性が垣間見られるような気がしました

池田 葵

[ここからはカテゴリ内ナビゲーション]

NEWS

  • 株式会社 戸田芳樹風景計画
  • 〒151-0053 東京都渋谷区代々木1-36-1ミユキビル3F  Telephone:03-3320-8601 / Facsimile:03-3320-8610
  • COPYRIGHT © Yoshiki Toda Landscape & Architect Co.,Ltd. All Rights Reserved.