[本文はここから]

漢京・九榕台プロジェクトへの訪問

2017.03.16

無錫・海岸城?園二期プロジェクトの概念方案を董事長にプレゼンするため、海岸城集団の本部の所在地である深?へ出張した。まず我社がランドスケープデザインを担当した深?の漢京・九榕台プロジェクトを訪問した。2013年の9月から漢京・九榕台プロジェクトはランドスケープデザインの作業をスタートし、約3年半を経って2017年3月18日に完成、入居を迎えた。施主側を始め建築デザイン、インテリアデザイン、ランドスケープデザイン、施工会社など数多くの人々が力を合わせて努力した結果、社会から大変良い評価を頂いた。

漢京・九榕台プロジェクトは近代化が激しく進んでいる深?にあるにも関わらず、自然が豊かな小南山の中腹に位置している。自然の持つ力を活かし、ランドスケープデザインのテーマは「生命力がある風景」とした。生命力の源である水、土、風、光、緑をモチーフした「Five Color Garden(五彩庭)」が具体的なデザインである。改めて現場を立って見ると自然のモチーフが感じられ、当初に計画した景観を実現した実感に浸ることが出来る。

漢京・九榕台プロジェクトは小南山の中腹にあるので、麓から長いアプローチ道路の観山路を通って人々をゲートへと導く。観山路を整備するため、山を削り険しい法面が生じたが、環境修復のテクニックより、現在は本PJの顔のひとつである景観性の高い法面緑化ができた。ゲート辺りは巨木のシンボルツリー、列植のカナリーヤシや落水によって、ゴージャス感がたっぷり味わえる景観を演出している。緑のトンネルを潜って敷地の内部に入ると違う世界が展開する。高層部と低層部を植栽地で区切り、高層部前は寛ぎ感がある風景を演出、低層部の前は自然の幽玄さを表現している。2つのエリアは緑で連続しているが、空間の違いを植栽設計で表現しており、両者の個性が風景の中で感じ取ることが出来る。このプロジェクトは高級物件なので、バーベキューテラスやプールなどの施設が必要で、これらの機能を集約して会所とバーベキューテラスやプールを隣接させて、利用の利便性を高めた。上下の高低差がある造成を活用し2段にプールをデザインし、プール周りはプルメリアやタビビトノキやヒトデカズラを植栽し、南国風情を演出した。テーブルや寝椅子などのファニチャー類の設置によりリゾートホテルに居るようなリラックス感と高級感溢れる空間となった。

自然環境を尊重し、人間の生活と自然の共存を強調するランドスケープデザインを漢京・九榕台プロジェクトで私達は実現ができた。中国で今、環境意識を高めていく上で住宅環境でも自然への配慮が必要だと考えている。これから中国での様々な開発において、住宅物件以外にもオフィスや商業プロジェクトでももっと自然豊かなランドスケープを作り出し、中国の環境復元や環境作りに貢献したいと願っている。

朱 顕嘉

[ここからはカテゴリ内ナビゲーション]

from Shanghai

  • 株式会社 戸田芳樹風景計画
  • 〒151-0053 東京都渋谷区代々木1-36-1ミユキビル3F  Telephone:03-3320-8601 / Facsimile:03-3320-8610
  • COPYRIGHT © Yoshiki Toda Landscape & Architect Co.,Ltd. All Rights Reserved.